Get the Balance Right!

バランスを適切に保ちましょう!

16日 10月 2014年 | 1 分(読むのにかかる時間)

長年使われてきた公式があります。 競技的なプレイでは、上位のプレイヤーに賞品を集中させる。 友好的なプレイでは、賞品を広く分配する。

では、競技的な環境では、どのようにして友好的なプレイを奨励できるのでしょうか? また、友好的な雰囲気を保ったまま、どのようにして競技を奨励できるのでしょうか?

2つの店舗が答えを見つけました。 彼らが行なっている方法をご覧ください。

バトルゾーン/Battlezoneの革新的なくじ引きプログラム

バトルゾーン/The Battlezoneは、フロリダの小さな街で、盛況なマジックコミュニティを築き上げてきました。 8か月の間に、彼らは50人を越える新規プレイヤーを招きました。これはその店のプレイヤー基盤の60%近い数字です。

主催者のカイル・ハルヴーセン/Kyle Halvusenは、この成功の大部分は彼らの革新的なくじ引きプログラムのおかげであると言います。このプログラムは、新規プレイヤーとのつながりを保つ一方、常連との連絡を絶やさない助けになっているのです。

その仕組みについては以下の通りです。

プレイヤーが負けた1ゲームにつき、1枚のくじチケットを発行します。(2-1でマッチ勝利=チケット1枚、1-2でマッチ敗北=2枚) その夜の終わりに、順位による通常の賞品とスポーツマンシップ賞に加えて、プレイマット、デッキボックス、スリーブが当たるくじ引きを行います。

このことがプレイヤーの休みの夜に「いい感じ」の瞬間をもたらし、初めて訪れたお客様、特に若い方とつながりを持つ機会を得られると、カイルは言います。

彼は「身長はどれくらい?」と聞いて、1インチ(2.54cm)につき1枚のチケットを渡します。

「このとき、つながりが生まれます。そして、また来て、また来て、また来てくれるのです」

エース・コミックス/Ace Comicsの「オープンド・ピック」

オーストラリアのブリスベンにあるエース・コミックス/Ace Comicsのフライデー・ナイト・マジック(FNM)では、各プレイヤーには最低1パックが保証されます。 ポイントは、パックが開封されていることです。

その仕組みについては以下の通りです。

FNMの参加者が12人であったとします(8月8日がそうでした)。 店は賞品のプールに12個(プレイヤーあたり1個)のブースターを加え、それを開封しておきます。 3ラウンドが終わった後、プレイヤーは順位にしたがってブースターを選びます。上位4人は2個目の、開封されていないブースターがもらえます。

この2つの事例で最も重要なのは、賞品の問題を「全部」にせずに対処していることです。

今週のFNMでお試しください!

よくある質問

ウィザーズ・プレイ・ネットワークについて、よくある質問の回答を探す

質問ですか?

ご連絡ください!