コミュニティを成長させるふたつの方法

8日 5月 2016年 | 3 分(読むのにかかる時間)

マジック:ザ・ギャザリングの世界的な人気が高まるにつれて、そのプレイヤーも様々になっています。

今回ご紹介するふたつの団体は、マジックのイベントをあらゆるタイプのプレイヤーが楽しめるように作っています――そのやり方はきっと、貴店のコミュニティにいないタイプのプレイヤーを引き込むための助けになるでしょう。

Planeswalkers for Diversity

「誰でも楽しめるマジック」を信念に掲げる「Planeswalkers for Diversity」は、地域のゲーム店を誰でもマジック:ザ・ギャザリングを楽しめる環境にする活動を行っています。

アリス・クラーク/Alice Clarkeとカルマ・クラーク/Karma Clarkeは、Facebookのページを通して「Planeswalkers for Diversity」のことを知りました。自分たちの地域にもこんな場所を作ろうと決意した彼女たちは、オーストラリアのメルボルンに店舗を構える「ゲームズ・ラボラトリー/Games Laboratory」に支部を設立して共同代表になりました。

「気づけば店舗オーナーのジェイムズ/Jamesの意見を聞くより早く走り出してたわ(実際にひと言も相談しなかった)。オーナーの許可と支部の設立を同時にこなしたの」

現在、アリスとカルマは2週間に一度「ゲームズ・ラボラトリー」でイベントを開催しています。コミュニティ内でも、「ゲームズ・ラボラトリー」は誰でも暖かく迎えてくれる店だ、と評判になっています。

「勝者は全員。イベントに参加した人全員に、同じ趣味を持った友だちができるんだから」

これが、ゲームとそのコミュニティ、そして「ゲームズ・ラボラトリー」の成長に繋がっていったのでした。

Lady Planeswalkers Society

「Lady Planeswalkers Society」は、2011年の創立以来着実に成長を続け、いまや世界中に60を超える支部があります。この団体の目標は、女性(を中心にすべてのプレイヤー)がマジックのイベントに参加するハードルを下げることです。

「可能な限り早くWPNレベルを上げる」という目標を掲げた「ア・ミューズ・N・ゲームズ/A Muse N Games」は、その目標を達成するために必要なプレイヤー数を獲得する手段として、「Lady Planeswalkers Society」を活用しました。

ユニークなイベントを開催し、誰でも入りやすくプレイしやすい環境を作った結果、プレイヤーたちが毎週通うようになったのです。

貴店も支部になろう

貴店を「Planeswalkers for Diversity」や「Lady Planeswalkers Society」の支部にするのは簡単です。

1.定期的にイベントを開催する

「ゲームズ・ラボラトリー」では、2週間おきに水曜の18:00から開催。「ア・ミューズ・N・ゲームズ」では毎週木曜19:00から開催しています。

2.活動を宣伝する

「Planeswalkers for Diversity」は、誰でも暖かく迎え入れることが伝わるような言葉を使い、カジュアルで交流を中心にしたイベントであることを宣伝するよう勧めています。

また、参加者たちに友だちも連れてくるよう声をかけることを強くお勧めします。

3.理念を繰り返し周知する

イベント開始時に毎回必ず、「様々な人を受け入れる」という理念を言葉で伝えましょう。

イベント中の態度を見て回り、貴店の理念や目標にそぐわない行動を直していきましょう。

4.あなたが設立した支部を本部のリストに掲載する

「Planeswalkers for Diversity」のFacebookグループにリンクを送るかウェブサイトから連絡し、支部としてリストに加えてもらいましょう。

「Lady Planeswalker Society」でも同じです。支部として認定されたら、FacebookグループやFacebookページ、ウェブサイトなどのリンクを送り、公式の支部一覧に加えてもらえます。

ひとりで支部を立てるのが難しい場合は、このような活動に興味がないかプレイヤーたちに相談してみるといいでしょう

貴店もいますぐ「Planeswalkers for Diversity」や「Lady Planeswalker Society」のような団体に入り、コミュニティを成長させましょう!

By Jordan Comar