3 Ideas to Boost In-Store Commander

店舗での統率者戦を盛り上げる3つのアイデア

31日 10月 2016年 | 2 分(読むのにかかる時間)

『統率者(2016年版)』の発売日である11月11日がいよいよ迫ってきました。本日は、他店舗が成功させた統率者戦を盛り上げるアイデアをいくつかご紹介します。

1.統率者戦リーグ

「ザ・オークズ・レア/The Orc’s Lair」のアダム/Adamは、リーグ戦を活用することで統率者戦を盛り上げました。

参加者たちは毎週水曜日に集まり、統率者戦を行います。まずは3~5人の卓に分かれます。統率者戦のルールと禁止カードのリストが適用されます。

各卓の勝者にはブースター・パックが贈られ、最初に脱落したプレイヤーにはお菓子や飲み物が振る舞われます。

リーグには安めの参加費を設け、賞品を出しました。リーグ終了時には、すべての週に参加したプレイヤー全員に『統率者(2016年版)』のデッキが贈られます。

アダムは『統率者(2016年版)』の発売に合わせてまたリーグ戦を始め、統率者戦を楽しむプレイヤーをさらに増やしたいと意欲を燃やしています。

2.カジュアル卓と競技卓

「アミューズ・N・ゲームズ/Amuse N Games」のブライアン/Brianは、プレイヤーたちの要望に応じて統率者戦のイベントを「カジュアル卓」と「競技卓」に分けました。

カジュアル卓では、他のプレイヤーを倒すことや勝利を掴むことを優先せず、ユニークで面白いシナジーを見せることを推奨しています。その卓では楽しく刺激的なプレイが続々と飛び出し、プレイヤーたちはFNMプロモ獲得に匹敵するほどの満足感を得ています。

競技卓では、1卓3人~5人でシングルエリミネーションの大会が開かれ、プレイヤーたちはFNMプロモに加えて2色土地を獲得すべく競い合います。

詳しいルールについては、「アミューズ・N・ゲームズ」のウェブサイトをご覧ください。

3.構築済みデッキを用いたレインボー・マジック

『統率者(2016年版)』の発売に合わせて、この新製品を開封してすぐに参加できる「構築済みデッキを用いたレインボー・マジックのイベント」を開催しましょう。

「レインボー・マジック」とは、マジックの「対抗色」をもとにした遊び方です。マジックのカードの裏面に描かれているように、各色の反対側にはふたつの色があります。例えば、緑の対抗色は青と黒です。


この例では、プレイヤー5はプレイヤー2とプレイヤー3を倒すのが目標となります。プレイヤー2とプレイヤー3が敗北すれば、たとえプレイヤー5がすでに敗北していてもプレイヤー5の勝利です。

『統率者(2016)』を用いてレインボー・マジックを行うなら、5人の並びで倒すべき相手を決めましょう。つまり、反対側にいるプレイヤー(隣接していないふたり)が敵となるわけです。

これらのアイデアの中で、貴店にぴったりなものを検討してみてください。WPNのFacebookグループで、他のWPN店舗とその他のアイデアを話し合うのもいいでしょう!

とはいえ、準備はすぐに始めてくださいね。『統率者(2016年版)』は11月11日発売です!

By Jordan Comar

よくある質問

ウィザーズ・プレイ・ネットワークについて、よくある質問の回答を探す

質問ですか?

ご連絡ください!