祝日ならではの一風変わった3つのマーケティング・アイデア

30日 11月 2015年 | 2 分(読むのにかかる時間)

全米小売業協会/The National Retail Foundation」は、今年の長期休暇中の総売上高を最大6300億ドルと見積もりました。そして、その内訳の85%を占めるのは、貴店のような実店舗でのものであると見込まれています。

このように休暇中の買い物はいまだ店舗が大部分を占めていますが、しかし購入商品のウェブ上での検討も増えていることは事実です。

貴店でもぜひ以下にご紹介する3つの珍しいアイデアを用いて、お客様とオンライン上の関係を築きましょう。

1.フォロワーの皆さまに「ありがとう」を伝える

FacebookやTwitter、Instagramなど、オンライン上で繋がりのあるお客様全員に、感謝の気持ちを伝えましょう。

お客様ひとりひとりに休日を祝うメッセージを送り、次のフライデー・ナイト・マジックでは自家製のクリスマス・クッキーを用意するといったことを伝えるといいでしょう――本当にささやかなもので大丈夫です。商品を使う必要もありません。 ただ「ありがとうございます」という気持ちを伝えればいいのです。

「ザ・ロケッツ/The Rockettes」は昨年、ニュースレターの購読者に特別なホリデー・メッセージを送りました。

2.Pinterestで「ギフト・アイデア」のボードを作成する

アメリカでは、オンライン・ショッピングを行う人々の実に47%が、Pinterestでのおすすめ商品をもとに購入を決めているそうです。 Pinterestでは店舗ページのプロフィールから商品を直接購入することもでき、ユーザーの多くが平均して180ドルの買い物を行っています

要するに、Pinterestは最も小売店に向いたソーシャルメディアなのです

2014年、「ギャップ/GAP」社はお客様に、おまけにつけて欲しい商品のリストをPinterestで作成してもらいました。 フォロワーたちは早速リストを作り、それをFacebookに投稿しました。

Pinterest上に「ギフト・アイデア」のボードを作り、ゲーマーへのプレゼントに悩むお客様の背中を押してあげるのは、簡単で効果の大きい方法になるはずです。

マジック・プレイヤーへのプレゼントに最適」という見出しをつけてもいいですし、「2015年のベスト・ボード・ゲーム」と銘打って紹介するのもいいでしょう。 Pinterestの使い方は無限大で、さらにFacebookへの投稿や貴店のウェブサイトへ組み込むこともできます。 Pinterestを活用する際は、プレイヤーたちの友人や家族にもボードを共有してもらいましょう

Pinterestの使い方がわからない? Pinterest活用の第一歩にぴったりな記事をご紹介します!(記事はすべて英語)

3.Instagramでエピソードを公開する

写真に重点を置いてすっきりした見た目のInstagramは、カウントダウンや一覧表、そして物語を展開するのに理想的なソーシャルメディアです。 貴店でもInstagramを通して、ホリデー・セールの準備の様子や貴店の名物プレイヤーやスタッフの紹介など、外部に発信していきましょう――お客様との個人的な繋がりを築くための簡単な方法は、無数にあるのです。

(ご心配なく――Instagramの写真はFacebookにも投稿できます。詳しくはこちらからInstagramのFAQをご覧ください)

イギリスのファッション・ブランド「エイソス/Asos」は、Instagramに日替わりカレンダーを投稿し、クリスマスへのカウントダウンを行いました。

今年の年末休暇に向けて、貴店ではどのような準備を進めていますか? ぜひWPNStories@Wizards.comまでお知らせください!

By Matt Neubert

よくある質問

ウィザーズ・プレイ・ネットワークについて、よくある質問の回答を探す

質問ですか?

ご連絡ください!