時間を節約するために欠かせない4つのこと

17日 4月 2015年 | 3 分(読むのにかかる時間)

「ゲーム・ケイヴ/Game Cave」の3人のオーナーたちは、ウィザーズイベントレポーターの「プレイヤー登録」ボタンを合わせて5,861回クリックしています。

この店舗はわずか1年半に満たない間に、ダンジョンズ&ドラゴンズのイベントには396人を集め、マジックのイベントには500人を超えるプレイヤーを集めるようになりました。

それだけのプレイヤーを捌きながらも、彼らは在庫の管理や店内の清掃もきちんとこなし、その上でたまにゲームにも参加しているのです。

一体どこにそんな時間があるのでしょうか?

確かに簡単なことではありません。それでも、「ゲーム・ケイヴ」は以下に挙げる4つの戦略を用い、アドバンスプラス規模のイベントを運営しながら新規プレイヤーにデッキの組み方を教える時間も作っているのです。

1.適切な販売情報管理方法(POSシステム)を見つける

共同経営者のひとりであるデイヴィッド・スピアーズ/David Spearsは、まず何よりも必要に応じたPOSシステムを見つけることが肝心だと言います。

「ゲーム・ケイヴ」ではCrystal CommerceのPOSシステムを採用しています。これはシングルカードの管理をしつつ発注にかかる時間を減らし、在庫の確認から仕入れ先への連絡まで30分ほどで行えます。

2.To-Doリストを作る

Crystal CommerceのPOSシステムのおかげで、デイヴィッドと共同経営者のトラヴィス・ホール/Travis Hallとジョン・ベイツ/John Batesは日々の仕事に取り組める時間が増えました。

To-Doリストは仕事への集中力やモチベーションに繋がりますが、何よりも大切なのは、やるべきことを忘れないで済むことです。

これが本当に大事なことなのです。一般的に、短期の記憶は決して多くのことを覚えられず(7つほど)、それも長くは続かないのです(15~30秒ほど)。

デイヴィッドのTo-Doリストには、基本的に10個の項目が書かれています。

  1. 清掃
  2. 飲み物の在庫
  3. 先週販売した商品の報告
  4. 商品の発注
  5. 週末のシングルカード注文整理
  6. ネット注文の処理
  7. イベントの企画
  8. 仕入れ先から商品の受け取り
  9. 商品の売買
  10. シングルカードの補充

3.短時間で集中的に仕事をする

デイヴィッドは、To-Doリストをこなすのにそう長い時間をかけていません。

「仕事に入ったらとにかく集中して、4時間全力で働くことです」とデイヴィッドは言っていました。

実に賢い働き方と言えるでしょう。 集中する時間が長くなると、その集中力は減っていきます。研究者はこれを「持続的注意」と呼びます。

まさかと思うかもしれませんが、短い時間を存分に使うことこそが、仕事に割く時間を有意義なものにする助けとなるのです。

4. ほんのちょっとの気晴らし

ここまでの取り組みも、無理のないようにやるべきです。

こちらの「ハーバード・ビジネス・レビュー/Harvard Business Review」の研究によると、To-Doリストは週単位では大きな効果を発揮するものの、時間単位だとあまり効果がないそうです。

「ゲーム・ケイヴ」はこのジレンマを、お客様の対応に当たった従業員には他の仕事を差し置いてそちらに集中させることで解消しています。

それはゲームが終わるまで続きます。お客様を第一に考え、できる限りのサービスを提供するのです。

「私たちにはひとつルールがあります」と、デイヴィッドは言います。 「誰かが店に入ってきたら、今やっていることを止めるんです」

皆さんもぜひデイヴィッドがくれたヒントを実践し、時間をうまく管理してみてください。もっとお客様のために時間が使えるようになりますよ!