The 5 Questions That Made My League A Success

リーグを成功に導く5つの問い

28日 2月 2017年 | 3 分(読むのにかかる時間)

WPNのサイトで初めて『カラデシュ』リーグの情報を見たとき、私たちはある疑問を持ちました。

どのように開催するのがいいか?開催日はいつがいいか?どうやって勝敗を記録するか?「ブースターパック3個で30枚のデッキを組んで戦う」ルールはプレイヤーたちに受け入れてもらえるか?ウィザーズイベントレポーターではどのように操作すればいいか?

私たちは、これらをWPN担当に質問しました。

そしてその回答をもとにリーグを開催すると50人の参加者が集まり、私たちのイベント・カレンダーには毎週参加率の良いイベントが加わりました。そしてブースターパックの売り上げも伸びました。

本日は、私たちのやり方をご紹介します。

「どのように開催するのがいいか?」

リーグへ参加するプレイヤーたちには、『カラデシュ』ブースターパックを3個購入してもらいました。その後3ゲーム敗北するか、(勝敗に関わらず)5ゲーム行うか、または毎週月曜日に1パック追加購入できるようにしました。

「開催日はいつがいいか?」

リーグ参加者たちはいつでもリーグ戦をプレイできますが、参加者たちが集まる日も設けておくのが一番です。私たちは月曜日に設定しました。

『カラデシュ』リーグ統計データ:「ミッドガード・ゲーミング」の場合

全参加者数:46人
「リーグ戦の日」の平均参加者数:16人
平均ゲーム数:10ゲーム
平均パック購入数:4.3パック
プレイ数が5ゲーム未満のプレイヤー:19人
プレイ数が10ゲームを超えたプレイヤー17人
最多プレイ数:68ゲーム(!)

「どうやって勝敗を記録するか?」

参加者たちにはマッチ記録カードを配布し、ゲームの結果を記録してもらいました。マッチ記録カードは店舗で保管するため、なくす心配もありません。

また、参加者たちはいつでも3パックを買い直して新たなカードでリーグを続けることができます。32ゲーム以上行ったプレイヤーは、そのまま続けたくてもカード・プールを一新しなければいけません。さらに、できるだけ色々な人とプレイすることを勧めています。

「『ブースターパック3個で30枚のデッキを組んで戦う』ルールはプレイヤーたちに受け入れてもらえるか?」

一番効果があったのは、「あとでパックを追加できるから、まずは3パックで遊んでみないか?」と伝えることです。

参加者たちはリーグ戦のカジュアルさを楽しんでいました。30枚のデッキで気軽に遊べることに満足していましたよ。イベントの予定がない時間帯にも、子どもたちが放課後にちょっと遊びに来てくれました。FNMやその他のイベント中でも、ラウンド間の待ち時間にリーグ戦を楽しむプレイヤーがいました。

「ウィザーズイベントレポーターではどのように操作すればいいか?」

リーグ戦は同じ曜日に申請し、毎週すべての参加者を登録しましょう。イベントが終わったらプレイヤーリストを報告します。

『カラデシュ』リーグでは、普段店に来ないプレイヤーや新規プレイヤーもリーグに参加していることがわかりました。

オープンしたてでまだイベントの予定が詰まっていない店舗にとって、リーグ戦はコミュニテイの基盤を築くための最高の一歩になります。「ミッドガード・ゲーミング」のスタッフにとってもお客さまにとっても、『カラデシュ』リーグは建設的な体験でした。これからも、新しくて刺激的な体験をプレイヤーたちに提供したいと思っています。

『アモンケット』リーグの申請受付は始まっています!今すぐご申請ください。

本日の店舗:Midgard Gaming

  • 所在地:カナダ、マウント・パール(人口:25,000人)
  • WPNレベル:アドバンスプラス
  • 営業年数:5年
  • 店舗の広さ:334平方メートル
  • ウェブサイト:http://www.midgardgaming.com/

By Tavis Bouzane, owner of Midgard Gaming

よくある質問

ウィザーズ・プレイ・ネットワークについて、よくある質問の回答を探す

質問ですか?

ご連絡ください!