宣伝からプレリリース当日まで:プレイヤーがたどる4つのステップ

28日 8月 2019年 | 3 分(読むのにかかる時間)

新セット発売に先がけて、私たちはプレイヤーたちに店舗でのプレイをおすすめする宣伝を行っています。

そしてプレイヤーにとっては、宣伝を見てから店舗でプレイするまでの道はいたって単純です。宣伝を見て、「店舗・イベント検索」にアクセスし、事前予約を行えば、あとは店舗に行ってプレイし、ついでにブースターボックスを受け取るだけです。

しかし店舗の皆さまにとっては、それぞれのステップにおいて売り上げやイベント参加者数増加のチャンスを逃さないようさらなる行動が必要です。宣伝から貴店でのプレイまでの一連の流れを失っても、プレイヤーはプレリリースに参加し続けるでしょう――ただし貴店のプレリリースとは限りません。

でもご安心ください。プレイヤーがたどる道を維持するのは難しいことではありません。1つずつ見ていきましょう。

ステップ1:宣伝をクリックする

プレイヤーはソーシャルメディアを閲覧したり「MTGアリーナ」にログインしたりすると、FNMやプレリリースなどの店舗イベントの宣伝を目にするでしょう。そしてそれらをクリックすると、「店舗・イベント検索」にアクセスできます。

この時点で、早くイベントを申請したかどうかで違いが生まれます。

これらの宣伝は、セット発売の5週間ほど前から始まります。そのときまでに申請を済ませておけば、宣伝をクリックしたプレイヤーの目に貴店のイベント情報が映ります。

では申請を済ませていない場合は?イベントだけでなく、貴店の情報も「店舗・イベント検索」に掲載されません。「店舗・イベント検索」には申請済みのイベントの情報が掲載され、店舗の情報だけでは表示されないのです。そのため、プレイヤーがステップ2へ移行するまでもなく選択肢から外れてしまうでしょう。

ステップ2:「プレリリース」でフィルターをかける

この段階は基本的にステップ1と同じですが(特にプレリリースはできる限り早くご申請ください)、新しくなった「店舗・イベント検索」においては重要度が増しています。

従来の「店舗・イベント検索」では、ユーザーからの距離に応じて「店舗」の一覧が掲載されていました。しかし新たな「店舗・イベント検索」—では、距離ではなく日付に応じて「イベント」の一覧が掲載されます。そのため、プレリリースを探すプレイヤーはイベントの一覧をスクロールして探すのではなく、「プレリリース」でフィルターをかけるでしょう。

すると先述した通り、プレリリースを申請していない店舗の情報はまったく表示されなくなってしまうのです。

ステップ3:事前予約

宣伝には基本的に、プレイヤーに事前予約をおすすめする内容が含まれています。プレイヤーが「これだ」というイベントを見つけたら(貴店のイベントがそうでありますように!)、事前予約を行います。

ですがもちろん、そのときまでに事前予約の用意を終えていればの話です。ぜひご準備ください。

事前予約を行うことで、私たちの宣伝サポートが確実に機能するのです。

以下のことを考えてみてください。この時点までに、プレビュー・カードがソーシャルメディアを席巻し、トレーラー映像がYouTubeを盛り上げ、宣伝素材が店内を彩っています。ですが事前予約の用意ができていないと、せっかく盛り上がったプレイヤーの気持ちに応えられないのです

さらに、事前予約を行えばプレリリースの席が確保できた時点でそのことをプレイヤーに知らせることができます。事前予約を行っていない店舗では、席が確保できません。プレイヤーは確実にプレイできるところを探すでしょう。

ステップ4:ボックスを受け取る

最後になりますが、ここで話しているのはプレリリースの話です。貴店は早めに申請を済ませ、イベント情報を掲載し、事前予約も行いました。そのおかげで新規プレイヤーが席を確保できました。やりましたね!

最後のステップは先行リリース・キャンペーンです。このキャンペーンはプレイヤーが最新セットのブースターボックスをいち早く手に入れるチャンスであり、貴店にとってもいち早くブースターボックスを販売できるチャンスです。

さらに『エルドレインの王権』に限り、ボックス購入特典がもう1つ増えます――コレクター・ブースターも配布できるのです。

ボックス購入特典プロモは、通常通り9月20日頃に配送予定です。そこに、貴店が満たした基準に応じた数の特典用のコレクター・ブースター を同梱してお送りします*。特典のコレクター・ブースターは、追加のボックス購入特典としてボックス購入特典プロモカードとともに配布してください。

ただし数量に限りがあることにはご注意ください。ボックス購入特典プロモカードより少ないはずです。これを活かして、ボックスを早く予約しようという雰囲気をつくっていきましょう。

なにはともあれ、まずはプレリリースの申請を済ませなければ始まりません。まだお済みでない方は、今すぐご申請ください!

*地域によって異なる場合があります。