Bahr: イベントを安定して成立させるために

24日 1月 2018年 | 3 分(読むのにかかる時間)

By Michael Bahr, managing partner of Desert Sky Games

驚くほどの勢いで競合店がオープンしている昨今、プレイヤーは広く分散し、各地で少人数のコミュニティを築いています。プレイヤー基盤も成長はしているのですが、供給側が多くなればなるほどイベントが成立しにくくなるのは事実です。

しかしこういった状況でも、イベント・スケジュールを慎重に組めば成功の可能性があります。

本日は、安定してイベントを成立させられるイベント・スケジュールの組み方をお話しします。

「イベント・スケジュールを組む」とは?

イベントの予定を組む際は、「どんなプレイヤーに来てほしいか」や「できるだけ多くのプレイヤーを集めるにはどうすればいいか」、そして「イベントを利益に結びつけるには何が必要か」といったことを考えながら毎週のイベント全体の構成を考えていきます。

例えばアリゾナ州ギルバートにある私の店のイベント・スケジュールは以下の通りです。

  イベント ターゲット
月曜日 午後7時:スタンダード 全員
  午後5時:統率者戦 カジュアル・プレイヤー
火曜日 午後7時:レガシー 競技志向のプレイヤー
  午後6時半ブースタードラフト カジュアル・プレイヤー
水曜日 午後7時:モダン 競技志向のプレイヤー
  午後5時:統率者戦 カジュアル・プレイヤー
木曜日 午後7時:スタンダード 競技志向のプレイヤー
  午後7時:FNMスタンダード 全員
金曜日 午後7時15分:FNMブースタードラフト 全員
  午後12時スタンダード・ショーダウン 競技志向のプレイヤー
土曜日 午後5時ブースタードラフト カジュアル・プレイヤー
  午後12時シールドデッキ カジュアル・プレイヤー
日曜日 午後5時ブースタードラフト 全員

このスケジュールは5年前からほとんど変わっていません。これがうまくいくことがわかってから、固定しました。 

ですが最初からこの形で完成していたわけではありません。次のようなことを考えながら色々と試し、この形に至ったのです。

1.異なるプレイヤー層を受け入れられるよう異なるイベントを開催する日を作る。これは意図的に行っています。もしレガシーとモダンのイベントを同じ日に開催するなら、どちらかはカジュアル寄りのイベントにします。

2.同じフォーマットでも異なるターゲットのイベントを別々の日に開催する。こちらも意図的に分けます。例えばスタンダード・ショーダウンは競技志向のプレイヤーをターゲットにしたものであり、参加費と賞品を倍にしています。

3.参加者数をもとにフォーマットを決める。レガシーには熱心なプレイヤーがいますが、数は多くありません。そのためレガシーのイベントは1日だけにしています。私たちの店ではスタンダードとブースタードラフトが人気を集めているため、週に何度もイベントを開催しています。

4.ひとつしかイベントを行わない日は、スタンダードにすると良い。月曜日の夜は比較的客足が落ちます。そんなときは広くアピールできるフォーマットのイベントを開催します。

5.ブースタードラフトのイベントは早めに始める。私たちも元々は午後7時か8時に始めていましたが、終了時刻が遅いことに気づいてからは開始時間を早めるようにしました。終了時刻が遅いとプレイヤーの体感時間が長くなり、参加者数減少につながるのです。

イベント・スケジュールを組む上で大事なのは、できるだけ「変えないこと」です

毎週同じ時間に同じイベントを開催することで、常連は貴店のイベント参加予定を立てやすくなり、立ち寄ったプレイヤーも次にいつ来れば遊べるかがわかります。

ただし変えてはいけないわけではありません。 変更と実験を繰り返し、安定してイベントが成立するようになったらそこからは変えないということです。たとえ客足が伸びない日があっても、無闇に変えてはいけません。変えてすぐに、イベントを期待してもう開催していない日にグループがやって来るようでは、目も当てられません。私の経験から念押ししておきますよ。

それから、もう3つヒントをお送りします。

1.少なくとも4人集まれば([プレイヤーリストのみ]の)カジュアル・イベントとして開催できる。大抵のイベントは、8人以上集まらなくても開催できます。せっかく来てくれたお客さまにイベントを楽しんでもらえるのです。さらに、貴店のそういった努力をお客さまはきちんと見てくれます。

2.大型イベントに注意する。イベントの参加者数は、PPTQやグランプリといったイベントに影響されます。どうも客足が伸びないと思ったら、大型イベントが開催されていると考えられるでしょう。

3.競合店とイベント・スケジュールが被っても慌てない。プレイヤーたちは他店へ「ちょっと見に行く」かもしれませんが、新鮮さが落ち着けばすぐ貴店に戻ってくるでしょう。

何より大切なのは、イベントが成立してもしなくても落ち着いて対応することです。自分のやり方を信じてください。時間と労力をかけてしっかりとイベント・スケジュールを組んでいけば、確実に前へ進めますから。

(マイケル・バール/Michael Bahrは、アリゾナ州フェニックス近郊に2店舗を構える「デザート・スカイ・ゲームズ&コミックス」の執行役員です。アリゾナ州立大学で法律の学位を取得した彼は、行政の健康管理職として7年勤めたのちに現在の職に就き、またレベル3ジャッジとしても4年間にわたり精力的に活動していました。)