店舗「ゲーム・ナイト」が顧客を再来店させ続ける方法

15日 1月 2015年 | 2 分(読むのにかかる時間)

ゲーム・ナイト/Game Kinghtのスコット・タッカベリー/Scott Tackaberryとベン・シャンツ/Ben Schantzがプレリリースの新しいアクティビティやリーグ戦参加者への新しい特典を思い描いていたころ、彼らは顧客維持率を高めること顧客が離れていく比率を下げることについてはおそらく考えていなかったことでしょう。

しかし彼らが成し遂げたのは、まさにそのことだったのです。 ゲーム・ナイトのプレイヤーの58%が、再来店しているのです

そして彼らは、長年をかけて科学的に実証された戦略によって、これを成し遂げていたのです。その例をご紹介します。

驚きと喜び

ベンは顧客とのつながりを形成するために、賞品の配分を活用しました。特に、その夜に結果が出なかった人に対して行いました。

彼らのアイデアをお試しください。

ブースターパックを1個開封します。 中身をシャッフルして、その夜にパックを得られなかったすべてのプレイヤーに、1人あたり1枚ずつ配っていきます。 パックの中身がなくなるまで、これを繰り返します。

ベンによると、このことは驚きと喜びの瞬間をつくるそうです。ある日、『Modern Masters』のドラフトで4連敗したプレイヤーがいましたが、そこにはパックから出たばかりの《タルモゴイフ》が配られたのです。

実行は高く

オーナーのスコット・タッカベリーは、マジックのイベントは単なるイベントであってはならないと考えています。

この信念を持ち、彼らはプレリリースに、ボードゲーム、食べ物、その他のアクティビティを加えることで、さらに大きな「ゲームの夜」へと拡大していきました。 「ほとんど、小さなコンベンションのようなものです」 とベンは言います。

これは典型的なプレリリースで約束される内容より高い実行であるだけではなく、ボードゲーマーとマジックの間の結節点を作ります。それは、新たなプレイヤーのための重要な入り口なのです。

レシプロシティ(互酬性)

ゲーム・ナイトでは、プレリリースは新しいセットを眺めるだけに留まりません。 『タルキール覇王譚』では、プレイヤーにはモンゴル風炒め物や氏族の象徴が施されたカップケーキが振る舞われました。

こうした特典は大したことがないように思われるかもしれませんが、実際は極めて重要なものです。小さな意志表示であっても、顧客と互酬的な関係を築くための助けとなります。彼らに良いことをすると、彼らも良いことをしたいと思ってくれるのです。

ゲーム・ナイトのように、予想を越えていくことに価値はあるのでしょうか? その通りだという研究結果が出ています(リンク先は英語)。 顧客維持率をわずか5%増やすことで、利益を最大95%増加させることができるのです

こうした裏付けのある戦略を、貴店の『運命再編』イベントで実行に移しましょう!