もしウォルト・ディズニーがゲーム店を開いたら

29日 4月 2015年 | 2 分(読むのにかかる時間)

ウォルト・ディズニー/Walt Disneyが店長のゲーム店を想像してみてください。 どんな光景が思い浮かびますか?

きっと、店内は仲良く楽しく遊ぶプレイヤーたちでいっぱいでしょう。 それから、忙しく動きまわる優秀なスタッフたちは、常にプレイヤーたちの体験をより良いものにしているはずです。

ゲーム店のあるべき姿に発展を続けるその店は、ディズニーの名言にもあるように「世の中に想像力がある限り進化し続ける」ものです。

ディズニーは一体どうやってそれを実現させるのでしょう?

彼は、無数のキャラクターや愛すべき映画、そしてディズニーランドを手がけた際にも同じ手法で取り組みました――それを「変革型リーダーシップ」と呼びます。

優れたリーダーのやり方

ウォルト・ディズニーのような変革型のリーダーは、グループ内のメンバーを成長させることに力を入れることで、グループ全体を発展させます。

はっきりとした「大きな目標」を全員で共有し、その目標に向かって進めるように権限と機会を与えるのです。

この手法は効果的で、快適な仕事環境を形勢することが証明されています。 こちらの研究によると、リーダーが理想に近いほどその部下たちは高い充実感を得られるそうです。

魅力的な話ですが、ではこれをゲーム店で活かせるでしょうか?

コミュニティを変革する

「変革型リーダーシップ論」は、主に以下の4つの信条を掲げています:知的刺激、個別的配慮、印象的な動機付け、理想像としての影響力の4つです。

そしてこれらをゲーム店に当てはめると、次のようになります。

1.スタッフとプレイヤーの想像力を刺激する

1960年代後半、ディズニーは脚本経験のなかったハビエル・アテンシオ/Xavier Atencioを呼び出し、のちに最も長く続いている作品のひとつとなった『カリブの海賊』のシナリオを作らせました。

答えをそのまま与えるのではなく、道筋を教える:目標をはっきりと伝え、それから取り組ませること

  • スタッフたちに、ユニークなプレリリースの企画を立案させましょう
  • フライデー・ナイト・マジックで行うフォーマットをプレイヤーたちに決めてもらいましょう
  • 「新規プレイヤー獲得」担当のスタッフを置きましょう
  • 店内の装飾をスタッフ以外の人たちにお願いしましょう
  • スタッフ間でブレインストーミングを行う機会を作りましょう

2.正当な評価とフィードバックを与える

ディズニーは、従業員を学歴に関わらず評価することで有名でした。彼の評価は客観的で、信頼のおけるものだったのです。

叱るより褒めるのを優先すること

  • 感謝の言葉を書いて伝えましょう
  • スポーツマンシップ溢れるプレイヤーは大きく取り挙げましょう
  • スタッフの働きには惜しみなく称賛を送りましょう
  • 報奨はそれぞれに違うものを用意しましょう

3.共有した目標に向けて、コミュニティ全体を動かす

ディズニーは成功の鍵を尋ねられ、こう答えています。「一緒に働く人たちの努力を、ひとつの目標に向けられるようにしてあげることです」

プレイヤーとスタッフの成長を促し、協力体制と指導体制を促進すること

  • 熱心なプレイヤーに、新規プレイヤーの指導をお願いしましょう
  • 指導役のプレイヤーを集め、「マジック・プレイ講座」を開きましょう
  • 常連たちに「友達紹介」プログラムを勧め、コミュニティの発展に協力してもらいましょう
  • ボランティアとスタッフにビジネスの基本を教え、将来的な仕事のスキルを高めましょう

4.自身が模範になる

これらの高いレベルの働きも、まずはあなた自身が実行しなくては意味がありません。 ウォルト・ディズニーは、これらを余すところなくやり遂げたのです。

あなた自身が理想の体現者となり、最高の従業員となり、スタッフにどうすればいいのかを示しましょう!

By Matt Neubert

よくある質問

ウィザーズ・プレイ・ネットワークについて、よくある質問の回答を探す

質問ですか?

ご連絡ください!