新たなマジック体験:『Jumpstart』登場

17日 2月 2020年 | 2 分(読むのにかかる時間)

昨年、私たちは新しいブースター製品(コレクターブースター)やバインダー映えする豪華なカード仕様(ショーケース・フレームやフルアート版プレインズウォーカー)をお届けしてきました。そして今年の6月には、まったく新しいマジック体験をもたらす製品を発売します――それが『Jumpstart』です。

『Jumpstart』は、Magicのリミテッドと構築の醍醐味を両方味わえる、ダイナミックで革新的なプレイ体験をもたらします。そしてWPN店舗の皆さまは、この新製品をいち早くお客さまへお届けできます――『Jumpstart』プレリリースが現在ウィザーズイベントレポーターにて申請受付中なのです。(注:日本では開催されません。詳細についてはWPN担当までご連絡ください)

早速、この製品について詳しくお伝えしましょう。

『Jumpstart』は新しい形のブースター製品で、新しいプレイ体験を味わえます。

『Jumpstart』の基本的な遊び方は、いたってシンプルです。2パックを開封して、出てきたカードを混ぜるだけで対戦できます。ですが実際にプレイしてみると、他にはない豊かで複雑なマジック体験を味わえるのです。

詳しい内容をご紹介します。各『Jumpstart』ブースターパックには、20枚のカードが封入されています。20枚のカードはすべてテーマに沿っており、どのテーマも複数の形を持ちます――パックに入っている20枚の内容は、121通りにものぼるのです。

テーマはよく知られたもの(「ガラク」)から一風変わったもの(「ドクター」)まで幅広く、2つのテーマが組み合わさることで夢の共演(「ドクター・ガラク」)が実現するのです。さらに、1種類だけ「神話レア」という特別なテーマのパックも存在します。

Jumpstartの特徴

  1. 基本土地の中には、初めて印刷される壮大なアートのものがあります。
  2. 3パックに1パックの割合で、追加のレアカードが封入されています。
  3. およそ500種類にわたるカードが再録されます。
  4. 『Jumpstart』には、37種類の新規カードが収録されます。
  5. 『Jumpstart』の収録内容は『基本セット2021』と共通の部分も多く、関連の強いものですが、独立した製品です。
  6. 『Jumpstart』の収録カードはすべて、エターナル・フォーマット(レガシー、ヴィンテージ、統率者戦)で使用できます。

よくある質問

ウィザーズ・プレイ・ネットワークについて、よくある質問の回答を探す

質問ですか?

ご連絡ください!