『基本セット2020』における「ロンドン・マリガン」正式採用のお知らせ

3日 6月 2019年 | 1 分(読むのにかかる時間)

『基本セット2020』の発売とともに、すべての競技マジック・フォーマットで新型マリガンを導入します。この新型マリガンはミシックチャンピオンシップ・ロンドン2019やMagic Onlineで試験されたものです。

基本的には、マリガンをするたびに7枚まで引いて、それからそのゲームでマリガンをした回数に等しい枚数のカードを手札から自分のライブラリーの一番下に任意の順番で置くことになります。マリガンをするたびに初期手札が1枚ずつ減っていくのは変わりませんが、その初期手札は常に7枚の中から選べるようになるのです。現在の(「バンクーバー」)マリガンと違い、初期手札を決定した後で占術は行ないません。

103.4. 各プレイヤーはそれぞれ自分の初期手札枚数に等しい枚数のカードを引く。初期手札枚数は通常7枚である。(ただし効果によって初期手札枚数が変わることがある。)最初の手札が満足できるものでなかったプレイヤーは、マリガンを行ってもよい。まず、開始プレイヤーがマリガンを行うかどうかを宣言する。その後、ターン順に各プレイヤーが同様に行う。各プレイヤーが宣言を終えた後、マリガンを行うことを選んだすべてのプレイヤーは同時にマリガンを行う。「マリガンを行う」とは、手札にあるカードをライブラリーに戻して切り直し、自分の初期手札枚数に等しい枚数のカードを引き、その後それらのカードのうちそのプレイヤーがマリガンを行った回数に等しい枚数のカードを自分のライブラリーの一番下に望む順番で置くことである。あるプレイヤーがマリガンを行わないことを選んだなら、残ったカードがそのプレイヤーのゲーム開始時の手札になり、そのプレイヤーはそれ以上マリガンを行うことはできない。その後、マリガンを行うプレイヤーがいなくなるまで、この手順を繰り返す。プレイヤーは、開始時の手札が0枚になるまでマリガンを行うことができる。

このルールは、『基本セット2020』のルール更新と同時に有効になります。さらなる詳細は、ウィザーズのイアン・デューク/Ian Dukeによるこちらの記事をご確認ください。

よくある質問

ウィザーズ・プレイ・ネットワークについて、よくある質問の回答を探す

質問ですか?

ご連絡ください!