もっと簡単にプレリリースの宣伝をしよう

15日 12月 2015年 | 2 分(読むのにかかる時間)

コレクターマニア/CollectorMania」のオーナー、エリック・ワード/Eric Wardは最近、地元の問屋による集会でウィザーズ・オブ・ザ・コーストのプレゼンテーションを聴講しました。 そこで彼は、『戦乱のゼンディカー』プレリリースに向けた宣伝の中で特別な体験を作り出すことをひらめきました。

彼はそのアイデアに「ゼンディカー・アートチャレンジ」と名前をつけて、実行に移したのです。

そのアイデアとは

エリックはチラシを作り、店内やソーシャルメディアで「ゼンディカー・アートチャレンジ」を宣伝しました。

そのルールは、ゼンディカーの風景を再現したアートを作成すること、それから作成期間はプレリリース開催まで(およそ2ヶ月)というシンプルなものです。

そして、プレリリースが開催される週末を通して投票が行われ、プレイヤーたちが気に入ったアートに票を投じました。 最も多くの票を集めたアートの製作者には、未開封の『戦乱のゼンディカー』ブースターボックスが贈呈されたのでした!

アイデアのきっかけ

そのとき、エリックはちょうどもう1店舗開いたところであり、そちらでもマジック:ザ・ギャザリングに力を入れていこうと決めていました。

そこで彼は、マジックの経験が浅いプレイヤーたちに、ゲーム以外で情熱や才能を発揮する機会を提供したのです。

「ゼンディカー・アートチャレンジ」はプレリリース当日まで大きな反響を呼び、当日にも特別なイベントを加えることになりました。こうして、彼の店は他店舗との競争で一歩抜け出したのです

エリックは、大喜びのプレイヤーたちが詰めかけてきたときのことを嬉しそうに振り返ります。「次のセットでも『アートチャレンジ』をやるんですよね?」

答えはもちろん、「イエス!」です……ただし、ちょっと改善を加えてね。

次回への教訓

次回の「アートチャレンジ」に向けて、エリックは「子ども部門」を設けようと考えています。経験の差をなくし、もっと若いプレイヤーに参加してもらうためです。

そして何より、彼はアートを作成してくれた全員に賞品を渡そうと予定しています。このイベントに参加してくれたこと、そしてこれからの盛り上がりに協力してくれたことへの感謝を込めて。

全体的に見れば、今回の「ゼンディカー・アートチャレンジ」は大成功だった、とエリックは振り返ります。そして彼は、『ゲートウォッチの誓い』でも再びこのイベントを開くことに意欲を燃やしています――もっと楽しく、盛り上がるものにしよう、と。

By Jordan Comar