新規プレイヤーの獲得は簡単です

10日 5月 2017年 | 2 分(読むのにかかる時間)

2月のある日のこと、フランスのカルカソンヌに店舗を構える「ロジゲームズ/Logigames」へふたりの女性が立ち寄りました。

彼女たちがこの店と初めて出会ったのは、4ヶ月前のコミック・フェアでのことでした。オーナーのローラント・ペカル/Laurent Pecalは彼女たちを笑顔で温かく迎え入れ、「マジックというゲームを始めてみませんか?」と声をかけました。彼女たちはティーチング・エリアへ座り、初めてのマジックを楽しみ、そこで使用したウェルカム・デッキを贈られ、「また来てください」と店へ招待されました。

いたって普通の話ですね。しかしこの話には、新規プレイヤーを呼び込み常連とするために知っておくべきことが多分に含まれており、そのことは「ロジゲームズ」自身が証明しています――この店で初めてイベントに参加したプレイヤーは、実にその70%が再来店しているのです。

その秘訣をご紹介しましょう。

「彼女たちがこの店と初めて出会ったのは、4ヶ月前のコミック・フェアでのことでした。」

新規プレイヤーを獲得するためには、その機会を設けなくてはいけません。新規プレイヤーがマジックを始める第一歩は、席に座ったときではなく店に入ったときなのです。ローラントの場合、地元のコミック・フェアで新規プレイヤーとの交流の機会を設けました。

コミュニティの拡大は一筋縄ではいかず、時間も手間もかかります。しかし店のマジック・コミュニティを成長させ続けるには必要不可欠なことなのです。

「オーナーのローラント・ペカル/Laurent Pecalは彼女たちを笑顔で温かく迎え入れ、『マジックというゲームを始めてみませんか?』と声をかけました。」

何年もマジックに関わっている私たちは、馴染みのない人にとってはマジックが難解なものであることをつい忘れがちです――とりわけ店舗でのプレイは受け入れにくいでしょう。新規プレイヤーをこのゲーム自体に慣れさせ、店舗でのプレイに繋げるためには、手厚く導くことが大切です。

明るい挨拶やわかりやすい説明など、基本的なカスタマーサービスを心がけるだけでも、結果は大きく変わるのです。

「彼女たちはティーチング・エリアへ座り……」

ローラントは、何よりもまず体験させることを優先しました。ゲームへの導入を可能な限りスムーズにするために彼はティーチング・エリアを設け、そこにはプレイマットやダイス、トークン等ゲームに必要なものに加え、ターンの流れ等を書いた簡単な説明書を置いておきました。

ティーチングに使用するウェルカム・デッキがない場合は、ご連絡ください

「……初めてのマジックを楽しみ、そこで使用したウェルカム・デッキを贈られ、『また来てください』と店へ招待されました。」

細かいことを言うなら、商品は売れていませんね。しかしローラントに焦りはありません。彼の仕事がうまくいっていれば、お客さまは必ず戻ってくるのですから。

お客さまとともに過ごす時間には、すべて価値があります。費やした時間は今後への投資なのです。すぐに商品が売れなくとも、長い目で見れば売り上げに繋がるでしょう。機会を生み出し、新規プレイヤーへマジックを紹介し、スムーズにゲームを始める。ローラントはこの方法を長年続け、成功を手にしているのでした。

シンプルな方法ですが実に強力です。ぜひ貴店でも試してみてください。

本日の店舗:Cybercafé Logigames

  • 所在地:フランス、カルカソンヌ(人口:47,000人)
  • WPNレベル:アドバンス
  • 営業年数:6年
  • 店舗の広さ:83平方メートル
  • ウェブサイト:Logigames on Facebook

By Jorgen Schets