Modern Horizons Drafts = More Promos for the Fall Set

『モダンホライゾン』ドラフトを開催して秋のセットのプロモを増やそう

20日 5月 2019年 | 3 分(読むのにかかる時間)

メタゲームはどう変わるだろう? 二番手だったデッキが頂点へ登る? まったく新しいアーキタイプが登場する?……『モダンホライゾン』に関する話題ではモダンへの影響が目立ち、このセットのもう半分の魅力たるドラフト体験については忘れられがちです。

だからこそ、店舗の皆さまで(「マスターズ」シリーズにはなかった)プレリリースを開催しましょう。そのために、私たちは特別なプレイマットをご用意しました。こちらは、6月14~16日の期間中に『モダンホライゾン』ドラフトを開催し、その「総参加者数」を32人以上ご報告いただいた店舗の皆さまにお贈りします。皆さまのお力があれば、このセットがマジックの歴史上最も愛されるセットの1つになると私たちは確信しています。

そして、『モダンホライゾン』 ドラフトを開催するべき理由は他にもあります――鍵となるのは1年前の同時期です。

『モダンホライゾン』は、特に長年のマジック・プレイヤーの皆さまにとって、最高に楽しいドラフト体験を味わえるセットとなるでしょう。このセットには、マジックの有名なカードを思い起こさせたり、刷新したり、もじったりしたカードが詰まっているのです。

『バトルボンド』を超えて割り当てを増やそう

新たなWPNにおけるプロモパックの割り当ては、「総参加者数」と「熱心なプレイヤー数」によって決められます。そしてそれらの基準は、直近12か月分が参照されます。つまり「総参加者数」は増えると同時に、昨年同時期の分が参照されなくなるのです。

このことは、8月2日に割り当てが確定する秋のセット(コードネーム「Archery」)のプロモパック数に大きく影響します。具体的に言うと、貴店が昨年『バトルボンド』のイベントを開催したかどうかで数量は変わります。その理由は以下の通りです。

『バトルボンド』のイベントを開催した店舗は、そのときの参加者数が6月10日に参照されなくなります。6月10日は、『バトルボンド』発売記念イベントの最終日だからです。なので、たとえ公式で『モダンホライゾン』発売記念イベントがなくとも、その日は昨年と同等あるいはそれ以上の基準を満たすチャンスです。

『バトルボンド』のイベントを行っていない店舗は、『モダンホライゾン』こそ大きなチャンスです。この期間で得た「総参加者数」と「熱心なプレイヤー数」は、すべてそのまま貴店の実績に加えられます。昨年の同時期を気にせず、参加者数を伸ばすことができるのです。

これらすべてが、新たなWPNにおける革新の中でも私たちが特に期待している要素につながります――つまり、プロモパックのシステムが好循環するのです。

『モダンホライゾン』のボックス購入特典プロモは、最高の1枚です:《狼狽の嵐》はマジック最強の打ち消し呪文の1つであり、今回初めてモダンで使用可能になります。ボックス購入特典プロモをプレイヤーの皆さまへ配布できる最初のチャンスは、6月8日のプレリリースでの先行リリースキャンペーンです。ご利用の問屋へ連絡し、割り当て分を確保しておきましょう。

イベントの結果が報われ、さらなる成功へ

旧システム下では、イベントの申請だけが報われていました。そのイベントの結果は、プロモの内容や量にあまり影響しませんでした。

これまでは最大の店舗レベル(アドバンスプラス)を達成した店舗すべてに、最大のプロモを提供していたのです。「これまでで最高の参加者数を記録した」? おめでとうございます。では、前回と同じプロモをどうぞ。「100人規模のFNMを開催する」? 素晴らしいですね。では、他の店舗と同じプロモをどうぞ……という風に。

ですが今はそのような上限はなく、目標も明確です。昨年同時期のイベントと比べて、より良い結果を目指せば良いのです。『モダンホライゾン』の場合、昨年同時期の製品は『バトルボンド』です。

昨年より多くのプレイヤーを集めれば多くのプロモパックが手に入ります。そしてプロモパックが増えれば(そして計画通りうまくいけば)、プレイヤーも増えていくでしょう。さらにプレイヤーが増えればさらにプロモパックが増え……好循環が生まれるのです。

『モダンホライゾン』プレリリースは6月8日から始まります。6月14日の発売日に向けて盛り上げ続けましょう。問屋に連絡し、ドラフト分のパックの確保をお忘れなく。

よくある質問

ウィザーズ・プレイ・ネットワークについて、よくある質問の回答を探す

質問ですか?

ご連絡ください!