帰りたくなくなるほどの場所を目指して

30日 11月 2016年 | 3 分(読むのにかかる時間)

スペイン・バルセロナの商業地域に500平方メートルに迫る大型店を構える「ギガメッシュ/Gigamesh」は、わずか数年の間に売り上げを倍増させました。

店内にはファンタジーやSFの本からボードゲーム、そしてトレーディング・カードゲームまで、様々な商品が並んでいます。清掃の行き届いた店の中央では、1日中イベントが開催されています。

一度足を踏み入れれば、もう帰りたくなくなるほどの場所を目指しているんです――店舗オーナー、アレホ・クエルヴォ/Alejo Cuervo

アレホは、新たな店舗で驚くべき仕事を成し遂げました。

彼は常々、小売店は将来専門店やデパートに組み込まれることになると主張してきました。

そして2年前に店舗を現在の場所に移したとき、彼はそれらを融合して「専門的な小さなデパート」を生み出しました。コミュニティ全体で楽しめるイベントを中心に開催していくことにしたのです。

「本当に細かい部分まで、一からデザインしましたよ。什器や従業員のスペースから、お客さまのスペースまでね」

「ギガメッシュ」の理念は、お客さまがリラックスしてイベントを楽しめる場所にすることです。会議やパネルディスカッションから本のサイン会、そしてWPNプログラムまで、様々なイベントが行われる場所。

そしてコミュニティの人々が集まり、たくさんのイベントを通して店舗の「エンジン」になるような、そういう場所を目指しているのです。「『ギガメッシュ』のコミュニティはひとりひとりが帰属意識を持っており、それはソーシャルメディア上にも表れています。私たちとの交流だけでなく、コミュニティのメンバー同士でも盛んに交流が行われていますよ」

イベントが増えれば、友人たちに会いに店舗へ足を運ぶお客さまも増えます。


そこでアレホは駐輪場やロッカーを用意し、お客さまの帰属意識をさらに高めました。

また、新たな店舗は客層を広げる助けにもなりました。以前の店舗では男性のお客さまが大部分を占めていましたが、移店後は女性のお客さまも着実に増え、中にはベビーカーを押している姿も見受けられるようになりました。「小さな子どもが楽しそうに駆け回っているのは素敵な光景ですよ」

「ギガメッシュ」の成功の鍵は、アレホが作り出した環境だけではありません。ビジネスに対する姿勢もまた成功の秘訣なのです。お客さまの望みに気を配ることや、誰でも歓迎する場所を作ること、お客さまの帰属意識を育むこと、そういったことがお客さまの信頼を高め、ビジネス的な成功を続けることができるのだと、アレホは言います。

「ギガメッシュ」が現在の場所に移店してから2年、その成果はアレホの予想をはるかに超えたものでした。「売り上げは2倍になりましたよ!」とアレホは言います。彼の優れた見識と、的確な投資で質の高い環境を作り上げたことがこの成功を呼んだのです。

本日の店舗: Gigamesh

  • 所在地: スペイン・バルセロナ(人口1,600,000人)
  • WPNレベル: アドバンス
  • 営業年数: 2年
  • 店舗の広さ: 492平方メートル
  • ウェブサイト:www.gigamesh.com/

By Alvaro Angulo