OP Data: 2回目のイベントが大事な理由

11日 7月 2018年 | 4 分(読むのにかかる時間)

この4日間で、 新規プレイヤーが43,050人増えました。『基本セット2019』のマジック初心者体験会からプレリリースの期間内で、実に43,050人もの新規プレイヤーがWPN店舗で初めてのマジックを体験したのです。

正直に言って驚きです。予想をはるかに上回りました。私たちの見立てでは、2018年の1年間で新規プレイヤーが584,134人増える見込みでした。それがわずか4日間で7.5%を達成――1年間で増える人数のおよそ1%を満たしたのです。凄まじいとしか言えません。

まずは皆さまに心から感謝いたします。マジックの成功には、やはり店舗の盛り上がりが不可欠です。ひとえに、WPN店舗オーナーやイベント主催者の皆さまの努力と献身、そして情熱の賜物なのです。

そして、ここからが勝負どころです。

43,050人もの新規プレイヤーが集まったのは、本当に素晴らしいことです。空前の成功と言えるでしょう。しかしそれが貴店の利益につながるかどうかは、次のイベントで決まります。「初めてのプレイヤー」を「2回目のプレイヤー」にできるかどうかが、すべてを左右するのです。

その理由をお話しします。

新規プレイヤーが2回目のイベントに参加する確率:

この傾向が続くなら、およそ59%が再来店することになります。つまり25,400人です。このデータから、ふたつの結論を導き出せます。

ひとつは、今こそ獲得した新規プレイヤーの定着に力を尽くし、利益につなげる好機であること。43,050人も新規プレイヤーがいるなら、59%という数字はかなり良いものと言えるでしょう。

そしてもうひとつは、数字を伸ばしたときの利益が普段より大きいこと。

同じ割合でも、新規プレイヤーの人数が多ければ再来店する人数も多くなるため、59%という数字自体通常より良いものと言えます。つまり1%増えれば、通常時の1%より多くの利益につながるのです。2%、5%、10%と増やせれば……お分かりいただけますよね。

ではなぜ「2回目のイベント」が大切なのでしょう?2回目を体験することで、どれだけの変化が起きるのでしょう?

 

新規プレイヤーの1年間の平均イベント参加回数(その人が2回目を体験している場合):

 

最も難しいのは、最初のイベントを体験させることです。しかし最も大切なのは、2回目のイベントを体験させることです。

そのことを数字が物語っています。1回目の来店がどれだけの利益につながるか考えてみてください。では続けて、13回の来店がどれだけの利益につながるか考えてみてください。後者の方が良いと思ったら、新規プレイヤーに2回目のイベントを体験させ、良い時間を過ごしてもらいましょう。

さらに付け加えるなら、新規プレイヤーが継続的に来店するようになると、既存のプレイヤーより多くの利益につながります。

その理由は――

 

新規プレイヤー向けのイベントのうち、最新の製品を用いたフォーマット(スタンダード、ドラフト、シールドデッキ)で行われる割合:

 

どうか誤解しないでください――スーパー・ファンこそ、このゲームを支える柱です。マジックの成功は、彼らなしには実現しません。

しかしマイケル・バール/Michael Bahrジョン・コヴィエッロ/John Covielloなども言うように、新規プレイヤーはマジックにそこまで熱心ではありません。それでも彼らを満足させられるよう力を入れる店舗こそ、利益を得られるのです。

それは間違いないでしょう。既存のプレイヤーは、すでにコレクションが豊富です。一方の新規プレイヤーはコレクションを増やす途中であり、一般的に最新の製品(スタンダードで使用可能で、大抵の店舗に置かれている製品)を集めていきます。既存のプレイヤーと比べて、未開封の商品を多く購入するのです。

では以上のデータから、何を得られるでしょうか?

新規プレイヤーが体験する2回目のイベントとして、マジック・リーグをおすすめします。シールドデッキで行われるこのイベントでは参加者はみな平等で、新規プレイヤーが膨大な時間やお金をかけなくても同じ条件で戦いながら自分のペースで学ぶことができます。『基本セット2019』リーグは間もなく始まります。プレイヤーはいつでも参加登録できます。

人によっては、FNMが合っていたりスタンダード・ショーダウンが合っていたりするでしょう。最終的にどのイベントが好きになるとしても、とにかく再来店を目指してください。

お客さまのメールアドレスを得ることができたら、積極的に宣伝しましょう。*ロイヤルティプログラムを利用している店舗は、2回目のイベント参加の褒賞を増やしましょう。友達紹介プログラムを利用している店舗は、再来店してくれた場合の褒賞を増やしましょう。43,050人の新たなマジック・ファンが生まれました。イベントを通して貴店の良さを伝え、「マジックプレイヤー」であることを存分に楽しむためには「この店」が欠かせないと感じさせましょう。

(*アメリカ合衆国におけるCAN-SPAM法など、電子メールでの宣伝に関する法律は遵守するようお願いいたします。)