プレミアムストアへの道:ブランディング

11日 11月 2020年 | 3 分(読むのにかかる時間)

ウィザーズの専門チームによれば、プレミアムストアを目指す上で店舗の成功を左右するのは強力なブランドを作り上げることだそうです。

しかしプレミアムストアを目指していない店舗の皆さまにとっても、ブランドは貴店ならではの強みを輝かせる助けになります。他の店舗より目立つことができれば、自然にゲームと結びついて覚えてもらえるでしょう。

ここでは、見事なブランディングでプレミアムストア到達を果たした店舗の実例をお伝えします。各店舗のブランドを輝かせている要素を解説し、その実例から学ぶべきこともご紹介します。

実例を見てみると、店舗のブランドは色の使い方や統一感のある設備、ロゴや文書におけるフォントの選択などで作れることがわかります。店舗全体に統一感を持たせられれば、何でも良いのです。

ブランディングに不正解はありません。「プレミアムストア」という決まった型があるのではなく、今回ご紹介する店舗の皆さまにも共通点はほとんどありません! 貴店が貴店のコミュニティのためにどうありたいかがすべてなのです。

アメリカ・ミズーリ州ボリバルの「C&K Cards, Games, and More」

「C&K」は木材を使って店舗全体を素朴な雰囲気にまとめながらも、調度品には明るい色を使って目立たせています。

カフェ・カウンターの奥に見える鮮やかな赤に目を引かれるでしょう。その棚には体験用のゲームが収められています。

アメリカ・ユタ州アメリカンフォークの「Gamers Inn」

「ゲーマーズ・イン/Gamers Inn」では、その名の通り古典的な宿屋で見られるような美しい木目調のテーブルが使われています。さらに店舗ロゴには緑色を使用し、プレイ・スペースの椅子やテーブルにも盛り込んでいます。

カナダ・オンタリオ州オタワの「Kessel Run Game」

こちらの店舗も、ロゴや窓の装飾に使うフォントの選択で店舗名を表現しています。ですがそれだけではありません!天井の装飾や、プレイヤーをプレイ・スペースへ誘導する次元間移動的な表現も、店舗のテーマとうまく結びつけているのです。

アメリカ・ミズーリ州カンザスシティの「Spanky's Card Shop」

「スパンキーズ・カード・ショップ/Spanky's Card Shop」では、イベントカレンダーやゴミ箱、椅子など店内のいたるところに木材をあしらっています。さらに、同じくいたるところに店舗のロゴが配置されており、お客さまが店舗名を忘れることはないでしょう!

こちらの記事に専門チームによるブランディングのヒントも掲載されていますので、あわせてご覧ください。

プレミアムストアを目指せば、貴店ならではのブランドを見つけ、磨き、店舗に反映させるための支援を受けられます。そしてそれすらも、貴店が受けられる支援のほんの一部に過ぎません。今すぐ申請を行い、第一歩を踏み出しましょう。

よくある質問

ウィザーズ・プレイ・ネットワークについて、よくある質問の回答を探す

質問ですか?

ご連絡ください!