チャンスを失わないために

4日 11月 2019年 | 3 分(読むのにかかる時間)

3月に新たなWPNの仕組みを導入したとき、ある面白いことが起きました。

私たちは、派手さはなくとも大きな変更を加えました――店舗が自由に配布できるプロモパックの導入です。プロモパックの数量は申請したイベントではなく店舗の状況に応じて決められるため、私たちが配送計画の調整にかかる時間は少なくなりました。そして、皆さまがイベントを決められた期間内に申請する必要もなくなりました。

プレリリースでさえも、イベント当日の申請が可能になったのです。

ですがこの一見地味な変更は大きな差を生みました。ある店舗は、申請期間の制限がなくなってもこれまで通り早めの申請を続けました。またある店舗は、自由になった申請制度を「活かそうと」しました。

新たな制度は片方のグループに大きな恩恵をもたらし、片方のグループにはそこまでの効果はありませんでした。

おすすめの申請タイミング:問屋確定日の前

私たちは基本的に、(「店舗・イベント検索」を最大限に活かすためにも)できる限り早い申請をおすすめしています。遅くとも、新セットのプレビューが始まる頃(発売日の3週間ほど前)よりも先に各種イベントをご申請ください。プレイヤーたちは、そのくらいの時期にイベントに備えた買い物を始めるのです。

プレビュー開始後にイベントを申請した店舗のイベント参加者数が減っているのは事実です。プレリリース前の3週間の時期に申請されたイベントは、それより前に申請されたイベントと比べて総参加者数が90%低いというデータがあります。(プレリリースが行われる週になると98%減となっています。98%ですよ!)

驚くことではありません。つまり、そういうことです。

問屋確定日とプレビュー開始の間に申請しても、すぐに申請した店舗とは23%もの差が出ます『エルドレインの王権』プレリリースの総参加者数のうち54%が、問屋確定日より前に申請されたイベントによって占められているのです。

では、なぜこれだけの差が生まれるのでしょう?

「店舗・イベント検索」閲覧者数の1週間ごとの平均減少率:10%

早く申請する大きな利点は、それだけ長く「店舗・イベント検索」に情報を掲載できることです。長くイベント情報を掲載していれば、その分プレイヤーたちに見てもらえるチャンスがふえるのです。

例えば、『エルドレインの王権』の場合、申請受付開始時(7月22日)に申請すれば10週間にわたって情報を掲載できます。最大限に多くのお客さまに見てもらえるでしょう。ウィザーズイベントレポーターで数回クリックするだけで、それだけの恩恵が受けられるのです。

しかし申請が遅れると、その分「店舗・イベント検索」への掲載期間が短くなり、プレイヤーが貴店の情報を目にする機会も減ります。平均すると、「店舗・イベント検索」の閲覧者数は1週間ごとに10%減っていきます。

例えばプレビュー開始時にイベントを申請した場合について考えてみましょう――プレリリースのおよそ3週間前です。

残り3週間では、「店舗・イベント検索」閲覧者全体の27%にしか貴店の情報は届かないのです。ではプレリリースが行われる週に申請したら?閲覧者はわずか12%しか残っていません。参加者数に大きな差が出るのもうなずけます。

WPN店舗の中でも特に優れた店舗が、みな早い段階でイベント申請を済ませている理由もわかりますね:プレミアムストアも問屋確定前に申請を終えています

WPNプレミアムストアの皆さまは、平均して問屋確定の数日前に『エルドレインの王権』プレリリースを申請していました。つまり、彼らも「店舗・イベント検索」の恩恵の大きさをよく理解しているということです。プレミアムストアの名に恥じないイベント参加者数を集めるために役立てているのです。

貴店も他の多くの店舗と同様に、「総参加者数を増やす」という難題に取り組んでいることでしょう。プレミアムストアを目指している店舗も、総参加者数を増やしたいと考えている店舗も、イベント申請を早めればきっと成功につながるでしょう。

「店舗・イベント検索」を最大限に活かしたい方は、今すぐご申請ください!

よくある質問

ウィザーズ・プレイ・ネットワークについて、よくある質問の回答を探す

質問ですか?

ご連絡ください!