新たなトーナメント・ソフトウェアのご紹介

6日 3月 2019年 | 3 分(読むのにかかる時間)

By Bill Stark, Product Manager, Wizards of the Coast

ここ10年の間にウィザーズのイベントを運営したことのある方は、WERのことをよくご存知でしょう。このツールは何年にもわたって活躍してきましたが、不完全なところがないとは言えません。

私のチームは、皆さまのビジネスやイベントをサポートするツールの制作に尽力しています。中でも、ウィザーズ・イベント・レポーター(WER)を改善して皆さまの成功を支えるのが大きな仕事です。そして2019年現在、私たちはWERの一新に取り組んでいます。本日こうして、皆さまに私たちが取り組んでいる機能を少しご紹介できることを嬉しく思います。

早速ご覧ください。

 

プレイヤー体験

 

私も1995年からのマジック・プレイヤーであり、2000年代中盤にはプロとして活動していました。私がプレイヤーだった期間中は、プレイヤー体験が大きく変わることはありませんでした。

例えば対戦組み合わせ。大会スタッフがプレイヤーの集団に向かって呼ぶ名前を聞くか、あるいは掲示された組み合わせ表に集まるプレイヤーたちと場所を争いながら自分の名前を探すかしていました。良い顧客体験とはとても言えません。

私たちは店舗でのプレイに付きものだったこの要素を見直しています。対戦結果や順位、その他すべての大会情報に自分でアクセスできるようになり、必要なときに必要な情報をご確認いただけるようになる予定です。

次のラウンドで座る場所をスマートフォンを通してプレイヤーの皆さまに直接お知らせする機能は、このようなデザインになります。(まだ開発段階のものです。)

これはプレイヤー体験を合理化し、プレイヤーの皆さまが店舗イベントで重要なことを見逃してしまうのを恐れてただ待つという経験をなくして、もっと自由に楽しめるようになるでしょう。また私たちにとっても、次にご紹介する取り組みを進めやすくなります……

 

店舗の仕事を効率化

 

店舗イベントは収益や商品の販売を促進し、お客さまとの関係構築にもつながります。素晴らしいことですが、それには代償も――イベント運営も仕事なのです!

マジックの大会を運営すると、お客さまにご挨拶する時間や新規プレイヤーに助言する時間、その他にもビジネスを成功に導くための時間が減ります。そこで私たちは新たな手法を取り入れ、店舗の皆さまがイベント管理に必要な仕事の量を大幅に削減することができました。

このような機能がきっと役立つはずです。プレイヤーの皆さまが自分の対戦結果を入力することで、イベントの管理に必要な処理が減り、他のエリアやお客さま対応にも力を入れることができるようになるでしょう。

私たちの目標は、貴店の事務作業を削減してスコアキーパーとしての負担を最小限に抑え、イベント管理を容易にすることです。イベント管理に関わる仕事は皆さまの代わりにWERが行うため、皆さまはプレイヤーの皆さまのために力を尽くしたり、ビジネスに集中したりできるようになるのです。

 

コスト削減

 

私自身も小売店で育ち、ゲーマーとしてのキャリアの中で店舗運営を助けてきました。結局のところ、最もビジネスに影響するのは損益につながることです。新たなWERには、マジックのイベントを運営することで発生するコストを削減する方法も含まれています。

順位をプレイヤー自身の端末で確認できるような簡単な機能でも、毎年発生する事務用品のコストを減らすことができるのです。

私のチームが取り組んでいる更新に、私は心から期待しています。皆さまにお披露目する日が待ち切れません。プロトタイプ(改めて言いますが、ここでご紹介した機能は開発中のものです)にご興味をお持ちの方は、「GAMA Tradeshow」でお会いしましょう!

よくある質問

ウィザーズ・プレイ・ネットワークについて、よくある質問の回答を探す

質問ですか?

ご連絡ください!