『イコリア:巨獣の棲処』ブースターボックスにボックストッパー封入

24日 2月 2020年 | 2 分(読むのにかかる時間)

WPN店舗の皆さまは、「ボックストッパー」についてよくご存知だと思います。ボックストッパーは、ブースターボックスに特別なパックの形で封入されるカードです。ボックストッパー・カードは特別な仕様で彩られており、『イコリア:巨獣の棲処』も例外ではありません。

そう、『イコリア:巨獣の棲処』ブースターボックスの蓋裏には、まさに「巨獣」クラスのおまけが付いているのです。詳しい内容はまた後日お知らせしますが、今回のボックストッパーはこれまでのマジックのセットで登場したものとは違うということをお伝えします。

ここでは、ボックストッパー・カードの内容がわからなくても、ご利用の問屋への発注時に参考になる情報をお届けします。

例えば――

1.どのボックスにも最高の付加価値がつく

まずはこの話から始めましょう。一番大事なことです。ブースターボックスの魅力をXとします。Xはそのセットの全体的な内容の魅力です。『イコリア:巨獣の棲処』では、ブースターボックスの魅力がX+Yになります。Yはボックストッパーの魅力です。

つまり『イコリア:巨獣の棲処』のブースターボックスは、どれも最高の付加価値がつくのです。

さらにWPN店舗の皆さまにはもちろんボックス購入特典プロモカードもあり、先行リリースキャンペーンも引き続き行われます――つまり発売日より1週間早く、「ボックストッパー付きの」『イコリア:巨獣の棲処』ブースターボックスをお客さまにお渡しできるのです。

そしてボックス販売については、皆さまならではの利点もあります。

そう、「ボックス単位で販売すること」そのものが大きな意味を持つのです。

2.未開封のブースターボックスが、通常の36パック入りブースターボックスより価値の高いものになる。

すべての小売店がマジックのブースターボックスをボックス単位で販売しているわけではありません。また、すべての小売店がマジックの製品を購入するお客さまと密接につながっているわけでもありません。

『イコリア:巨獣の棲処』のボックストッパーは、パック単位での販売に限らない店舗にとって大きな利点となります。また、未開封ボックスの開封を楽しむ熱心なマジック・ファンがいる店舗も大きな恩恵を受けられるでしょう。これを読んでいるあなたの店は、どちらも満たしているはずです。

あなたがマジック・ファンであり、ボックス製品に付加価値を持たせたいなら、ボックストッパー付きの未開封ボックスは通常の36パックより優れた商品になるでしょう。

たとえあなたが、特別な仕様のカードを求めるマジック・ファンではないとしても。

3.ボックストッパーは、特別な仕様のカードに興味がない人をも惹き付ける。

直近に登場した『アルティメットマスターズ』のボックストッパーについて考えてみてください。『アルティメットマスターズ』では、収録されるすべてのレアまたは神話レアのボックストッパー版が封入されており、中にはマジックで最も人気を集めるカードが新規アートと拡張カード枠で彩られたものもありました。

『イコリア:巨獣の棲処』のボックストッパーのテーマはそれとはまったく異なりますが、理念は同じです――ボックストッパーはコレクターや光り輝く特別なカード仕様を求めるプレイヤーの皆さまを惹き付けるカードなのです。

ですが多くのプレイヤーにとって、《タルモゴイフ》は《タルモゴイフ》でしかありません。大会で使用できることが大切であり、それ以外の要素はあまり意味がないのです。そして同じく多くのプレイヤーにとって、そのカードはドラフトのどの順目でピックされるかの方が大事です。それを活かして最高のドラフト・デッキを組み上げたいのです。

しかしマイケル・バール/Michael Bahrが先週指摘したように、カードの仕様に興味がないプレイヤーにとっても、トレードの種になるため引き当てたら嬉しいものです。競技志向のプレイヤーは、ボックストッパーをスタンダードの主力カードに変えることができ、ドラフト・マニアはさらにドラフトを楽しめます。こうして、すべてが丸く収まったのです。

以上の通り、ボックストッパーは『イコリア:巨獣の棲処』に莫大な利点を加えます――詳しい内容はもう少しお待ちください。今回ご紹介したことを念頭に置いて、発注をご検討ください。

よくある質問

ウィザーズ・プレイ・ネットワークについて、よくある質問の回答を探す

質問ですか?

ご連絡ください!