「統率者戦の年」の始まり

10日 2月 2020年 | 4 分(読むのにかかる時間)

統率者戦は、マジックで最も人気を集める遊び方の1つです。それを鑑みると、毎年1回『統率者』シリーズの製品を発売するだけでは、統率者戦のプレイヤーが求めるものを提供し切れていないと思われます。

今こそ変化のときです。

「統率者戦の年」へようこそ。2020年は製品やイベント、さらにはWPNの基準まで統率者戦に注目する、盛りだくさんの1年になります。

そしてすべては、『イコリア:巨獣の棲処』から始まるのです。

『統率者(2020年版)』『イコリア:巨獣の棲処』とともに

統率者戦の年が公式に始まるのは、4月24日の『イコリア:巨獣の棲処』と『統率者(2020年版)』の同時発売からです。さらに『イコリア:巨獣の棲処』プレリリースでは、カジュアルに遊べる新製品「統率者デッキ」も先行販売できます。詳細についてはこちらをご確認ください。

そして『統率者(2020年版)』は、いつもの『統率者』シリーズとは一味違います。まずイコリア次元を舞台にしていること――『統率者』シリーズがスタンダードのセットと結びつくのは初めてのことです。さらに、普段は4デッキのところ今回は5デッキ発売され、ブースターパックからは手に入らない新規カードが71枚も収録されます。

そしてこの製品の発売は、「コマンダー・ナイト」とも結びついています。『イコリア:巨獣の棲処』シーズンで始まるこのイベントは、毎週変わる特殊ルールのもとで統率者戦を楽しみ、実績を達成すると報酬がもらえるものです。実績の一覧やルールについての詳しい情報は、こちらをご確認ください。

『統率者(2020年版)』のデッキは、これまでの『統率者』シリーズと同等のデッキパワーや複雑さになると思われます。ですが次にご紹介する『ゼンディカーの夜明け』で登場する製品では、少々異なるものをご用意します。

『ゼンディカーの夜明け』では、入門用の統率者デッキが登場

統率者戦はマジックで最も人気を集めるフォーマットであるだけでなく、多くのプレイヤーがマジックの遊び方を学んでいるフォーマットでもあります。

新規プレイヤーが、最も始めやすいフォーマットでマジックを始めるとは限りません。マジックは交流を楽しむゲームでもあり、多くのプレイヤーは友人がプレイしている遊び方でプレイしたいと考えています。だからその友人が統率者戦をプレイしているなら、同じフォーマットで遊びたいと考えるものなのです。

そこで私たちは、統率者戦をもっと新規プレイヤーにも遊びやすいフォーマットにしたいと思いました。

『ゼンディカーの夜明け』では、その目標に向かって第一歩を踏み出します。『ゼンディカーの夜明け』統率者デッキは、統率者戦だけでなくマジックを始めたばかりのプレイヤーにもうってつけの製品です。『ゼンディカーの夜明け』では、プレインズウォーカーデッキの代わりにこちらが発売されます。(ご心配なく――『基本セット2021』では引き続きプレインズウォーカーデッキが発売されます。)

ブースタードラフトと統率者戦の出会い――『統率者レジェンズ』

『統率者レジェンズ』は、マジック史上初の統率者戦向けブースター製品です。「統率者戦のデッキをドラフトする」ことを夢見たことがある方は、その夢が間もなく実現します。

『統率者レジェンズ』はカード20枚入りのブースターパックで、各パックにフォイル仕様のカード1枚と伝説のクリーチャー・カード2枚が封入されています。(このセットには70種類を超える新規の伝説のカードが収録されています!)

ですがそれだけではありません。なんと『統率者レジェンズ』でも「統率者デッキ」が2つ発売されるのです――これで、今年3つ目の統率者戦の構築済み製品になります!『ゼンディカーの夜明け』の統率者デッキと同様に、2つの構築済みデッキはマジック初心者や統率者戦初心者におすすめです。

『統率者レジェンズ』は、すごいセットとしか言いようがありません。復帰プレイヤーは統率者戦に注目したパックの開封(や統率者戦のデッキのドラフト!)を楽しみ、新規プレイヤーは構築済みデッキですぐに対戦を楽しめるでしょう。

『Commander Collection: Green

WPN店舗の皆さまは、「統率者戦の年」にさらに特別な製品をプレイヤーたちにお届けできます――それが『Commander Collection: Green』です。

『Commander Collection: Green』には統率者戦で人気の再録カードが8枚収録され、それらはすべて特定の色、すなわち今回は緑のカードです。このシリーズを緑から始めたのは、強大なクリーチャーとマナ加速――つまり統率者戦の魅力が詰まった色だからです。

なお、WPNプレミアムストアの皆さまは、通常版に加えて封入されているすべてのカードがフォイル仕様のものもお取り扱いいただけます。

 

間もなく統率者戦のイベントの参加者数も「熱心なプレイヤー数」に――今すぐ始めよう

今年は「統率者戦の年」なので、今こそスタンダードやシールドデッキ、ドラフトだけでなく統率者戦のイベント参加者数も熱心なプレイヤー数に加える絶好の機会だと私たちは考えました。

今回の変更は、イベントの報告に関する改善――つまり新たなイベント結果報告ツールの導入とともに行われます。新たなソフトウェアで報告された「総参加者数」は、熱心なプレイヤー数としても加算されるのです。

新ツールは今年中に公開予定です。ログイン情報の設定は現時点で受け付けを開始していますので、新ツールの導入に備えておいてください。ログイン情報の設定は以下の2ステップで完了します。

  1. ウィザーズ・アカウントを作成する。新ツールでは現在ウィザーズイベントレポーターへのログインに使用している「組織化プレイ・アカウント」ではなく、ウィザーズ・アカウントが使われます。最終的には、このアカウントがマジックやウィザーズ・オブ・ザ・コーストの関連サービスすべてに共通するマスター・アカウントになる予定です。

    こちらからウィザーズ・アカウントを作成してください。

  2. こちらのフォームに必要事項を記入する。あなたのウィザーズ・アカウントと貴店がリンクし、プレリリースやFNMなどの公認イベントを開催できるようになります。

さて、いよいよ「統率者戦の年」が開幕します!この記念すべき1年は『イコリア:巨獣の棲処』から始まりますので、『イコリア:巨獣の棲処』の製品をしっかり用意しておきましょう――『統率者(2020年版)』もお忘れなく!

よくある質問

ウィザーズ・プレイ・ネットワークについて、よくある質問の回答を探す

質問ですか?

ご連絡ください!