禁止・制限リストの更新

15日 2月 2021年 | 1 分(読むのにかかる時間)

告知日:2021年2月15日

ヒストリック

《自然の怒りのタイタン、ウーロ》 禁止

《創造の座、オムナス》 禁止(一時停止から)

パイオニア

《欄干のスパイ》 禁止

《地底街の密告人》 禁止

《自然の怒りのタイタン、ウーロ》 禁止

《時を解す者、テフェリー》 禁止

《荒野の再生》 禁止

モダン

《死者の原野》 禁止

《神秘の聖域》 禁止

《猿人の指導霊》 禁止

《ティボルトの計略》 禁止

《自然の怒りのタイタン、ウーロ》 禁止

レガシー

《アーカムの天測儀》 禁止

《戦慄衆の秘儀術師》 禁止

《王冠泥棒、オーコ》 禁止

ヴィンテージ

《夢の巣のルールス》 禁止解除

ルール変更

加えて、古いフォーマットでの相互作用を抑えるため、続唱のルールを更新します続唱の新ルールは以下のとおりです。

702.84a.続唱は続唱を持つ呪文がスタックに置かれている間にのみ作用する誘発型能力である。「続唱」は、「あなたがこの呪文を唱えたとき、あなたのライブラリーの一番上のカードを、コストがより低い土地でないカードが追放されるまで追放する。その点数で見たマナ・コストがその呪文の点数で見たマナ・コストよりも小さいなら、あなたはそのカードをそのマナ・コストを支払うことなく唱えてもよい。その後、これにより追放されて唱えられなかったすべてのカードを、あなたのライブラリーの一番下に無作為の順番で置く。」を意味する。

発効日:2021年2月15日

Magic Onlineにおける続唱のルールの発効日:2021年2月17日

禁止カード、制限カードのフォーマット別一覧はこちら

最新の変更についての声明全文は、Magic.Wizards.comをご覧ください。

よくある質問

ウィザーズ・プレイ・ネットワークについて、よくある質問の回答を探す

質問ですか?

ご連絡ください!